ズバリ、任意売却とは何?

ローンの返済が困難な場合の解決手段

任意売却とは、ローンの返済が完了していない住宅等を、任意の方法で売却することをいいます。
通常、ローン返済中の物件を売却する場合は、銀行等の債権者はその売却代金で残債をすべて一括返済することを求めてきます。ただし、失業や病気など何らかの事情によってローンの返済を続けていくことが困難になった時は、売却代金を全額充当しても完済できないような場合であっても、債権者が売却に同意することがあります。これが任意売却に当たります。
なお、同様のケースで不動産を売却するには、他に競売という方法があります。これは、裁判所の許可を得て物件を強制的に換価し、その代金を残債に充当するというものです。つまり任意売却の「任意」とは、競売における強制処分に対置する言葉であると言うことができます。

より負担の少ない売却法

任意売却であっても競売であっても、ローンの返済が困難になって家を手放すという結果自体に変わりはありません。ただ、競売が裁判所の定めた日程によって一方的に手続きが進められるのに対し、任意売却は債権者との交渉によってスケジュールを決めていくという違いがあります。そのため、引越し先の確保や明け渡しの日取りなどについて、ある程度柔軟な対応が可能になります。
また、競売は競争入札によって売却を行うため、価格が高過ぎると応札者が現れないことがあります。その場合は最低入札価格を引き下げて再度競売を行うため、最終的には市価より著しく低い価格で売却される可能性があります。しかし任意売却であれば通常は一般の売却物件と同様に不動産仲介業者を通じて買い手を探すため、市価とそれほど変わらない水準での売却も可能です。