誰に頼めばいいの?任意売却の様々な疑問

任意売却はプロに任せる

任意売却をするためには債権者と債務者の間に立つ、任意売却専門の不動産コンサルタント会社が必要になります。任意売却をするために法律的知識や経験がないと、間に立って交渉を進めることは難しいため、専門のプロフェッショナルに任せた方がいいのです。任意売却を進めるためには交渉だけではなく、不動産の査定や売却も行わなければなりません。そのために不動産の知識も必要になるのです。どちらの知識もあるのが任意売却専門のプロフェッショナルとなります。個人が債権者のところに行って任意売却の交渉をしようとしても難しいでしょう。その知識や経験がないため任意売却を実現するのが難しいからです。そう考えると始めからプロに任せると間違いありません。

任意売却では弁護士が必要になることも

任意売却には法律的な知識も必要になるため、不動産に強い弁護士事務所も頼りになる味方になるでしょう。特に任意売却とともに、債務整理を検討している場合にはアドバイスが必要です。債務整理をしないで地道に返すという方法もありますが、全てをリセットしたいという人は任意売却と債務整理を同時にする人もいます。その場合には弁護士がどの方法で整理をするといいかというアドバイスをくれます。自己破産する方がいいのか、他の方法でも大丈夫なのかを判断してくれるでしょう。地道に返す場合でも、月々の返済金額や返済期間についての交渉してくれるのです。任意売却をしたからといって債務がなくなるわけではないので、債務についての相談を先にしておくことも大事になります。