任意売却をしたときの税金は?住宅ローンは?

任意売却には税金はかかるの?

所有している財産を売却し利益を得た場合、売却差益に対して税金がかかります。ただ、居住用財産の売却の場合、3000万円の特別控除があるため、売却差益が3000万円以下の場合は非課税です。売却差益が3000万円を超えた場合、超えた金額に対して所得税と住民税がかかります。税率は所有期間によって異なり、所有期間が5年以下であれば約40%、5年以上であれば約20%を税金として納めることになります。条件によっては、課税免除の特例が適用されて非課税となることもありますが、売却差益が3000万円を超えた場合は、税金がかかると考えておく方が良いでしょう。しかし、購入時よりも高く売却できることは少ないため、一般的な任意売却であれば、税金がかからないことが殆どです。

任意売却をすると住宅ローンはどうなるの?

任意売却をしても、売却価格で残った住宅ローンを完済することができなければ、差額はそのまま残る形となります。そして、この差額の返済義務がなくなるということはありません。マイホームを手放した上に、住宅ローンが残るのでは任意売却をする意味がないと考える人もいるでしょう。しかし、競売よりも高く売却できるため、最終的に残るローンが少なくて済むというメリットがあります。そして、残債に関しては金融機関と相談すれば、無理のない返済額に変更して貰うことが可能です。借入先によっては、残債を減額して貰えることもあります。そのため、返済義務が残ることが殆どですが、住宅ローンの返済が難しくなったら任意売却を考えておくことがおすすめです。