任意売却をする際の注意点

ローン利用者ではなく銀行主導で行われる

住宅ローンを利用するとき、銀行は登記時に抵当権をつけます。これは、もし住宅ローンの返済ができないときに競売をするための権利です。ローン利用者は、返済が完了すれば抵当権を解除してもらいます。返済中に売却をしたいときも勝手に売却はできず、抵当権を持っている銀行に相談が必要になります。任意売却は単なる売却ではなく、住宅ローンを支払えないときに行う売却です。利用するにしても、抵当権を持つ銀行に相談をし、その上で市場で売却できるかどうかの検討がされます。ローン利用者が最初に行動はとれるものの、売却の手動はあくまでも銀行がもちます。もし銀行が納得いかない状況になれば、任意売却自体がなくなり、競売に移られるときもあります。

できるだけ早く売却しないといけない

住宅ローンを抱えている物件に住みながら、事情があって売却が必要になるときがあります。特に返済に問題がない一般的な売却なら、ローンを返済しながら希望の売却先が見つかるまで売却活動を行います。では任意売却の時はどうかですが、銀行としてはできるだけ早く売却先を決めて返済をするように迫ってきます。いつでもいいわけではなく、ある程度の期限を決めて売却をしなくてはいけません。どれくらいの期限を決めるかは銀行によっても異なりますし、物件やローン残高によっても異なるでしょう。少なくとも希望通りに売るのはかなり難しいと考えた方がいいでしょう。ただ、競売に比べれば市場で売却できる分高くなる可能性があります。取れるなら任意売却の方がいいでしょう。