任意売却をするメリットとデメリット

競売を避けて任意売却を進めるメリット

住宅ローンの支払いが難しくなって滞納が起きた場合は担保に入っている住宅を競売にかけて債権回収が行われます。この場合必ず競売によって売却する必要がある訳ではなく、債権者が許可すれば任意売却を選択する事もできます。
任意売却を選択するメリットはいくつかありますが、最大のメリットは競売と比べて高い金額で売却しやすい事です。競売の場合は債務の返済が不可能になって強制的に売却が進められている事を入札する側も知っているので、相場よりも安い額になる傾向があるからです。
競売の場合は退去日も強制的に決められてしまいますが、任意売却ならば相手との交渉によっては新たな住居が決まるまでの猶予を与えてもらえます。また競売のように執行官が訪問してきて近所に競売にかけられる事実を知られる心配もありません。

任意売却のデメリット

任意売却はメリットもありますが、デメリットになる事もあります。任意売却を選択する時は債権者の許可が必要になるので、債権者が同意してくれない場合は任意整理を進める事ができません。任意売却をする条件としてはローンの支払いを滞納する事が条件になるので、滞納中の債権者への対応も必要になります。
滞納をするという事は連帯保証人にも債権者から請求がいく事になるので、任意整理をする過程で連帯保証人に迷惑をかけるのもデメリットの一つです。ローンが支払えない時に任意売却を進めようと思っても何時まででも時間の猶予が与えられる訳ではありません。もし期限内成立しないと競売にかけられるので、急いで売却を進める必要があるのもデメリットと言えます。